Solo Exhibition

2022.11.10(Thu)-12.4(Sun)
Open Thu~Sun 13:00~19:00
Aritst reception 11.12(Sun) 17:00~20:00

© Sabrina Horak

SABRINA HORAK「私は山に登って, 決して後ろを振り返らない」

Sabrina Horak(サブリナ・ホーラク)

1983年Austria生まれ

2002-2007年 ウィーン美術アカデミー絵画科卒業
2004-2010年 ウィーン大学日本研究科
2005-2007年 東京造形大学に交換留学
2014年-2017年 東京藝術大学美術研究領域博士課程後期美術専攻油画領域修了 博士号取得

サブリナ・ホーラクは作品の中で、宗教、女性性、日本とオーストリアのハーフであること、アーティストであることなど、自分のアイデンティティとそれに影響を与える様々な要素について考察しています。

ホーラクは主に自分自身を描いており、本展では自身の身体を「山」と見立て、ホーラクに似た小さな人影がクライミングを繰り広げ、遠くを見つめながら頂上を目指しながら登っていきます。

色鮮やかな作品は、まずジグソーで形を整えたベニヤ板に、アクリル絵の具で描かれています。その後、木やキャンバスから切り出した小さな人物像、金の鎖、タッセル、ネジなどの要素を取り付け、表面にさらなる質感を与えています。

紙であれ木であれ、別々の要素を組み合わせて1つの作品に仕上げるという彼女の作業プロセスは、自分のアイデンティティの別々の部分を統合しようとする姿勢を反映しています。その葛藤を、視覚的に刺激的で楽しい形で見る人と共有しようとしているのです。

山の頂点は、ホーラクの人生の道のりを象徴しています。しかし、頂上には何が待っているのでしょうか?



SABRINA HORAK “I’m climbing a mountain and I’m never looking back”

Sabrina Horak

1983: Born in Mödling, Austria

2002-2007: MFA Painting class w/ Hubert Schmalix  and Amelie von Wulffen , Academy of fine arts Vienna
2004-2010: Japanese Studies, University of Vienna
2005-2007: Tokyo University of Art and Design, Tokyo, Painting class w/ Masami Kondo
2014-2017: Doctoral Course Oil Painting at Tokyo University of the Arts, w/  Mext Scholarship of the Ministry of Education Japan

In her work, Sabrina Horak is examining her identity and the numerous factors influencing it- religion, womanhood, her half Japanese-half Austrian heritage and being an artist.

Horak is mainly depicting herself, and in this series, her body becomes the literal mountain from the exhibition title. Small figures, that resemble Horak as well are climbing up or resting on the various body parts, taking a rest from their ascension, gazing into the distance.

The vividly colored works are executed on veneer wood that she first cuts in shapes with a jigsaw before painting them with Acrylics.
Then additional elements, such as the smaller human figures cut from wood or canvas, gold chains, tassels, screws, are attached to provide additional texture to the surface. Horak thinks that her work process of combining separate elements and uniting them in one piece of work- whether that might be on paper or wood-is a reflection of how she is trying to achieve unity between what feels are separate parts of her identity. A struggle, she is trying to share with the viewer in a visually stimulating and entertaining form.
The Ascension of the mountain is symbolizing Horak’s path through life. But what is awaiting at the top?