Past

Solo Exhibition

2021.5.20(Thu)-6.13(Sun) 
Open Thu~Sun 13:00~19:00

CRISTIAN BOFFELLIAPPUNTI -備忘録-
ボッフェッリが一貫して追究しているテーマは、動物や人間、いわば生き物の「形」である。うごめき変わり続けるそれらの「形」は、ねじ曲げられ、ほとんど見分けがつかなくなり、その結果、ふしぎと馴染み深い見かけを取り戻す。彼は、キャンバス、段ボール、金属、木、紙など、様々な素材の上に版画やドローイングを使用し探究してきたが、真の不変の仕事は、一本の黒い線である。ニュートラルな空間に力強く、ぶれない線を描きその全貌を完成させるのが彼のスタイルだ。

CRISTIAN BOFFELLI APPUNTI -備忘録-
The main themes Boffelli constantly pursue are the “figures” of animals and human beings, or so to say, the very form of living creatures. These “figures” continue to change shape, twist and become almost indistinguishable, and finally result in regaining a mysteriously familiar appearance. He has explored and used printmaking and drawing on various materials such as canvas, cardboard, metal, wood and paper but his true constant work is a black line.  He uses a single determined line to build a closed shape inside a neutral space. 

©Cristian Boffelli

Solo Exhibition

2021.4.8(Thu)-5.14(Fri)

森村 誠「the Language Study Methods for the Beginners」
言葉の重みを量ることは、語学初心者用の辞書でも、または学術的な辞書であっても、どんな辞書を使っても変わらず難しいことなのです。

MAKOTO MORIMURA “the Language Study Methods for the Beginners
It is always difficult to weigh the weight of a word, no matter what kind of dictionary you use, whether it is a beginner’s dictionary or an academic dictionary.

Collins pocket Italian Dictionary (English 16064g, Italian 11969g)
2021©Makoto Morimura

Short Exhibition

2021.3.25(Thu)-3.31(Sun)

戸野倉 あゆみ「つちたま」
アーティスト・イン・レジデンスに参加した際に、その滞在先で見つけた溶岩や土を粉末状にし、絵具として使用してきました。さらさらの粉末はそれぞれ美しい色合いをしています。 1年前の春、最初の緊急事態宣言が発令された期間に、今まで集めた溶岩や土で小さな玉を作り、磨いて過ごしました。磨くことで艶やかな色合いを帯びてきます。 それぞれの土地を凝縮したこの小さな玉を展示し、それぞれの土地を提示してみようと思います。

AYUMI TONOKURA ”Earthen Ball”

©Ayumi Tonokura

Solo Exhibition

2021.2.25(Thu)-3.21(Sun)

花代 「雲峰のたぬき婆さん」
ペストやスペイン風邪など歴史上の出来事と思っていたパンデミックが私たちのリアリティになったしまった今、雲峯が体験した超現象を手がかりに、その坂の名前がつけられた頃と今との繋がりを考えることが、不自由な昨今をどうやって生きていくのかのヒントになるような感じがしている。

HANAYO “Unpō’s Raccoon Lady” 
Pandemics as the Black plague or the Spanish flu used to be seen as something of the past, however it has become a reality for us. Thinking about the phenomenon that Unpō had to deal with, or about the connection between the time those streets were named and now, it could offer us a hint on how to face our present circumstances.

©Hanayo

Group Exhibition

2020.12.19(Sat)-12.27(Sun)

SYP Gallery  “Overview”
2020年に個展をおこなった作家と来年2021年に個展を開催する作家の作品を展示いたします。

– Overview – 参加作家 
吉野祥太郎 / 都築崇広 / 内藤忠行 / 大寺史紗 / 西澤利高 / ARMELL KERGALL / 花代 / 森村誠 / CRISTIAN BOFFELLI / 久保田沙耶 / 山上渡 / 大野公士 / 三田村光土里 / 鹿野裕介

SYP Gallery “Overview”
We will be showing artworks from  artist featured in 2020, as well as  the artists såcheduled for 2021.


– Overview –  Participant Artist
Shotaro Yoshino / Takahiro Tsuzuki / Tadayuki Naitoh / Misa Otera / Toshitaka Nishizawa / Armelle Kergall / Hanayo / Makoto Morimura / Cristian Boffelli / Saya Kubota / Wataru Yamakami / Koji Ohno / Midori Mitamura / Yusuke Shikano

Solo Exhibition

2020.11.19(Thu)-12.13(Sun)

ARMELLE KERGALL “Selfies 1920-2020”
Armelle Kergallは1978年生まれのフランス人写真家で、現在は東京を拠点に活動しています。彼女の作品は、家族の忠誠心、集合的な記憶、そして家族の内部構造を取り巻く隔世遺伝的な行動の概念を中心に展開しています。

ARMELLE KERGALL “Selfies 1920-2020”
Armelle Kergall, born in 1978, is a French photographer currently based in Tokyo. Her work revolves around the concepts of family loyalty, collective memory and the atavistic behavior surrounding the internal family’s structure.

©Armelle Kergall

Short Exhibition

2020.11.19(Thu)-12.13(Sun)

橋本玲美・荻原貴裕「ニッポン観光名所図会」
橋本と荻原は、夫婦として改めて共同で制作し、夫婦の関係性を描いていく中で、社会的な状況や歴史的な背景などを、「生活の一部」として同列に扱うことで、個人のレベルとパブリックな問題の差異に焦点を当てます。

REMI HASHIMOTO & TAKAHIRO OGIHARA  “Illustrated travelling guide through Japan”

©Remi Ogihara Takahiro

Solo Exhibition

2020.10.8(Thu)-11.1(Sun)

西澤 利高「colorless  – 無色-」 
人間は一本の管(くだ)である。別に取り立てて言うほどのことでもないが、私はずっと腸としての管構造をテーマに彫刻を制作している。

TOSHITAKA NISHIZAWA  “Colorless”
Human beings are tubes. I am not particular about this, but I have been making sculptures on the theme of spirals as tubes.

©Toshikawa Nishizawa

Event

2020.10.3(Sat)-10.4(Sun)

AGUSTIN SPINETTO & RONI SHVART 「いた場所」
2020年9月に東京で開催された「You Are Here // 現在地」プロジェクト。東京のさまざまな人々が、ここにいた時間、ここにたどり着くまでの距離、そして東京への帰属意識に応じて作成した、イメージとサウンドを組み合わせたマップです。

Roni Shvartsはイスラエル出身のグラフィックデザイナーです。 Agustin Spinettoはアルゼンチン出身のミュージシャンです。 彼らの家族は両方とも同じ年に母国に移住し、戦後のヨーロッパを脱出した。 70年後、AgusとRoniはわずかに1日違いで日本に移住しました。 移民の家族を持ち、移民のコミュニティでできている国々から来て、彼らは人々の動きや彼らがいる場所への帰属意識を探求することに興味を持っています

AGUSTIN SPINETTO & RONI SHVART “You Were There”
The “You Are Here” project took place in Tokyo in September 2020. It is a map, combining image and sound, which was formed by different people in Tokyo, according to how long they have been here, how far they have traveled to get here and their sense of belonging to Tokyo.

Roni Shvarts is a graphic designer from Israel. Agustin Spinetto is a musician from Argentina. Both of their families immigrated to their home countries in the same year, escaping post-war Europe. 70 years later, Agus and Roni immigrated to Japan, only one day apart. Coming from families of immigrants, and from countries that are made of immigrant communities, they are interested in exploring the movement of people and their sense of belonging to the place they are at.

Solo Exhibition

2020.8.27(Thu)-9.20(Sun)

大寺 史紗「羽化」  
私たちはきっと永遠に未完成のまま死んでいく
纏った服も、靴も、化粧も、全て剥いでしまえば「人間」に憧れた弱々しい私がそこにいる
蛹になれない君の柔らかく薄い肌も傷を残していつか枯れていくだろう
ただその移ろいが何より愛しく、美しいと思う
 

MISA OTERA  “Metamorphosis” 
We are certainly going to die as our uncompleted-selves
The clothes we wear, the shoes, the makeup; if we remove all, the longed frail human that I am appears
You, that won’t become a chrysalis, with your soft and thin skin, with all its marks, you will surely also die
However, all these vicissitudes are pure above all. Beautiful

©Misa Otera

Solo Exhibition

2020.7.30(Thu)-8.16(Sun)

内藤 忠行「W3」 
「トーンというのは音楽的には音色のようなものだけど写真にも当てはめられる。 音楽における五線譜に示されたものと写真における適正露出は共通している。 音楽家も写真家もそれに従う人もいれば、それを基本として発展させる人もいる。」

TADAYUKI NAITOH  “W3” 
“Tone is a musical concept that can be also applied to photography. I think that the elements used in the music notation are equivalent to the proper use of exposure in photography. While some musicians and photographers would apply it, others would develop it further.”

©Tadayuki Naitoh

Solo Exhibition

2020.7.2(Thu)-19(Sun)

都築 崇広「合板都市」 
建材として使われる合板。都市を形作る工業製品である合板の構造に都市の風景を重ねて見る。
どこも同じように見える街の景色、似てるけど少し違う街の景色。
工業製品として、効率的で強度が保証された合板。木目に現れる自然の断片は、製造工程を経て加工された、都合のいい自然の姿かもしれない。それはどこかで作られた合理的で大量生産型の形。

TAKAHIRO TSUZUKI  “Plywood City”
This is an attempt  to reflect on the suburban Japanese city landscape through plywood boards.
City-scapes look similar everywhere around Japan and yet slightly different, just like repetition of the wood grain  patterns on a board.
Are we really seeing natural wood patterns on plywoods? Those patterns are a direct consequence of the industrial process developed for mass-production.

©Takahiro Tsuzuki

Solo Exhibition

2020.6.4(Thu)-21(Sun)

吉野 祥太郎 「埃のように」 
生き物がある時期に死を迎えるのと同様に、モノにも色々な要因で役割を終える時期が来る。それらのモノにはそれを使用してきた人や存在していた空間の記憶が 染み込んでいるのではないだろうか。私は古いものに出会った時にそのモノが持つ得体の知れない気配のようなものを感じることがある。ならばその気配に注視して引き出してやろうじゃないか。消費社会のゴミになってしまったこれらのモノが秘めている何か大事なメッセージを聞き取ってみたい。目に見えないが、感じることを表現できるのは芸術の仕業であろう。

SHOTARO YOSHINO  “Like Dust”
Just as all creatures eventually die, objects come to their end invarious fashions. Do memories of the persons who used them, or the places they were in, permeate things? I sometimes perceive enigmatic signs when confronted with old objects. Then I want to focus on these signs to pull them out. I want to try to grasp the precious messages hidden away in the trash of consumer society. For it is the power of Art to express what we can feel yet cannot see.

©Shotaro Yoshino