Past

Solo Exhibition

2021.4.8(Thu)-5.14(Fri)

森村 誠「the Language Study Methods for the Beginners」
言葉の重みを量ることは、語学初心者用の辞書でも、または学術的な辞書であっても、どんな辞書を使っても変わらず難しいことなのです。

MAKOTO MORIMURA “the Language Study Methods for the Beginners
It is always difficult to weigh the weight of a word, no matter what kind of dictionary you use, whether it is a beginner’s dictionary or an academic dictionary.

Collins pocket Italian Dictionary (English 16064g, Italian 11969g)
2021©Makoto Morimura

Short Exhibition

2021.3.25(Thu)-3.31(Sun)

戸野倉 あゆみ「つちたま」
アーティスト・イン・レジデンスに参加した際に、その滞在先で見つけた溶岩や土を粉末状にし、絵具として使用してきました。さらさらの粉末はそれぞれ美しい色合いをしています。 1年前の春、最初の緊急事態宣言が発令された期間に、今まで集めた溶岩や土で小さな玉を作り、磨いて過ごしました。磨くことで艶やかな色合いを帯びてきます。 それぞれの土地を凝縮したこの小さな玉を展示し、それぞれの土地を提示してみようと思います。

AYUMI TONOKURA ”Earthen Ball”

©Ayumi Tonokura

Solo Exhibition

2021.2.25(Thu)-3.21(Sun)

花代 「雲峰のたぬき婆さん」
ペストやスペイン風邪など歴史上の出来事と思っていたパンデミックが私たちのリアリティになったしまった今、雲峯が体験した超現象を手がかりに、その坂の名前がつけられた頃と今との繋がりを考えることが、不自由な昨今をどうやって生きていくのかのヒントになるような感じがしている。

HANAYO “Unpō’s Raccoon Lady” 
Pandemics as the Black plague or the Spanish flu used to be seen as something of the past, however it has become a reality for us. Thinking about the phenomenon that Unpō had to deal with, or about the connection between the time those streets were named and now, it could offer us a hint on how to face our present circumstances.

©Hanayo

Group Exhibition

2020.12.19(Sat)-12.27(Sun)

SYP Gallery  “Overview”
2020年に個展をおこなった作家と来年2021年に個展を開催する作家の作品を展示いたします。

– Overview – 参加作家 
吉野祥太郎 / 都築崇広 / 内藤忠行 / 大寺史紗 / 西澤利高 / ARMELL KERGALL / 花代 / 森村誠 / CRISTIAN BOFFELLI / 久保田沙耶 / 山上渡 / 大野公士 / 三田村光土里 / 鹿野裕介

SYP Gallery “Overview”
We will be showing artworks from  artist featured in 2020, as well as  the artists såcheduled for 2021.


– Overview –  Participant Artist
Shotaro Yoshino / Takahiro Tsuzuki / Tadayuki Naitoh / Misa Otera / Toshitaka Nishizawa / Armelle Kergall / Hanayo / Makoto Morimura / Cristian Boffelli / Saya Kubota / Wataru Yamakami / Koji Ohno / Midori Mitamura / Yusuke Shikano

Solo Exhibition

2020.11.19(Thu)-12.13(Sun)

ARMELLE KERGALL “Selfies 1920-2020”
Armelle Kergallは1978年生まれのフランス人写真家で、現在は東京を拠点に活動しています。彼女の作品は、家族の忠誠心、集合的な記憶、そして家族の内部構造を取り巻く隔世遺伝的な行動の概念を中心に展開しています。

ARMELLE KERGALL “Selfies 1920-2020”
Armelle Kergall, born in 1978, is a French photographer currently based in Tokyo. Her work revolves around the concepts of family loyalty, collective memory and the atavistic behavior surrounding the internal family’s structure.

©Armelle Kergall

Short Exhibition

2020.11.19(Thu)-12.13(Sun)

橋本玲美・荻原貴裕「ニッポン観光名所図会」
橋本と荻原は、夫婦として改めて共同で制作し、夫婦の関係性を描いていく中で、社会的な状況や歴史的な背景などを、「生活の一部」として同列に扱うことで、個人のレベルとパブリックな問題の差異に焦点を当てます。

REMI HASHIMOTO & TAKAHIRO OGIHARA  “Illustrated travelling guide through Japan”

©Remi Ogihara Takahiro

Solo Exhibition

2020.10.8(Thu)-11.1(Sun)

西澤 利高「colorless  – 無色-」 
人間は一本の管(くだ)である。別に取り立てて言うほどのことでもないが、私はずっと腸としての管構造をテーマに彫刻を制作している。

TOSHITAKA NISHIZAWA  “Colorless”
Human beings are tubes. I am not particular about this, but I have been making sculptures on the theme of spirals as tubes.

©Toshikawa Nishizawa