Current

Solo Exhibition

2022.5.19(Thu)-6.12(Sun)
Open Thu~Sun 13:00~19:00


荒⽊ 由⾹⾥「饒舌(で雄弁)なカラー」
※supported by AIN SOPH DISPATCH

この世界には色があって、どんな物にも色があります。 虹色の赤、橙、黄、緑、青、藍、紫。よく見かける色、黒、白、ピンク、茶色、金、銀。

色は言語で表現しなくても認識でき、色の持つ意味や感じ方、捉え方は国や地域やその人の立場で様々でに変化します。すぐ隣のにいる人とも違ったりします。先入観や思い込みから気づかないことや見逃すことがままあります。それで不要に傷ついたり言い争うこともあります。違いを知ることから、今までと少し違う視点を持てる気がします。気付くこと、知るとこで理解が深まり、豊かになり、想像して、行動が変わる。そして、それが未来に繋がるのではないかな。

本展では全ての作品にハイヒールを用いています。幼い頃から自分の好きな物を収集する癖があり、ハイヒールもその一つでした。最初に制作した作品もハイヒールを使っていて、自分の中の大切なモチーフになっています。
コロナで気軽に出かけられない鬱憤、災害や戦争の不安や哀しみや憤りもあり、複雑な感情の中、美しく強い靴であるハイヒールを用いて、それぞれの色により集まった形態を模索し、カラフルで楽しく力強く高揚する作品と空間を創り出します。

YUKARI ARAKI “Talkative (and eloquent) colors
※supported by AIN SOPH DISPATCH

There are colors in this world, and everything has colors. Red, orange, yellow, green, blue, indigo, and purple in the rainbow.

Common colors as black, white, pink, brown, gold, and silver. Colors can be recognized without language and their meanings, feelings, and perceptions change in various ways depending on the country, region and where you are. You might feel differently even from the person right next to you.
There might be many things that you miss out on or cannot notice because of your prejudices and assumptions. And sometimes, it makes you get hurt or argue unnecessarily. From knowing these differences, you can have a slightly different perspective than before deepening your understanding, enriching your imagination and changing your own behavior. Furthermore, I think it will lead to the future.

The motive used in this exhibition’s artworks is high heels. I had have a habit of collecting things that I like since I was young and high heels were one of them. The first artwork I made also used high heels and it has been become an important motif for me. Amidst the frustration generated by the global pandemic, the anxiety, sadness and resentment caused by disasters or war and the midst of complicated emotions, I use the high heels, beautiful and strong shoes, to search for shapes gathered in each color creating colorful, fun and powerful artworks and spaces.

©Yukari Araki
※supported by AIN SOPH DISPATCH
Photo:Yoshihiro Ozaki(DARUMA)
Design:Masao Shirasawa(drawrope)

Solo Exhibition

2022.6.30(Thu)-7.24(Sun)
Open Thu~Sun 13:00~19:00


須藤 美沙 「巡りゆく星たち」
「今回の展覧会では、土星や木星などの惑星や月の裏側を描いた作品に旋回する光を照らし、それらの固定されたビジュアルイメージに変化を与えてさまざまな表情を生み出します。この見かけの変化は星の公転運動を想像させ、地球と星との関係性やその存在について私たちに考察を促します。また、メダル型のギリシャ神話の神をモチーフにした作品では、画面の表裏それぞれに同じ図像を描くことによって、「善と悪」のような二項対立と、その二つの間にある曖昧で揺れ動く部分や摩擦についても考察してみたいと思います。」

MISA SUDO “The stars that go around”

“Saturn” 2021, paper, 72.0x102cm
© Misa Sudo

2022 Exhibition Schedule

2022.8.18(Thu)-9.11(Sun)
西澤 利高
TOSHITAKA NISHIZAWA

2022.9.29(Thu)-10.23(Sun)
大寺 史紗
MISA OTERA

2022.11.10(Thu)-12.4(Sun)
SABRINA HORAK

2022.12.17(Sat)-12.25(Sun)
OVERVIEW Vol.3